激辛料理が美容に良い3つの理由

こんにちは、激辛ジョニーです。


主に激辛YouTuberとして活動しています。

メモ
  • 今まで食べた激辛料理は2000食以上

  • 日本全国の激辛料理店を回っています

暑い夏、寒い冬共に季節を問わず無性に食べたくなる辛い料理。


血行を良くして新陳代謝がアップするので、辛い食べ物は美容に効果的と言われています。


今回は、辛い料理で得られる美容効果を詳しく解説していきたいと思います。

要約
  • 血行がよくなり汗をかきやすくなる

  • 肌の代謝が促進される

  • ダイエットに効果あり

激辛料理を食べると美容に効果があるって本当?



結論を先に言うと『YES』です。


唐辛子に含まれる辛味成分『カプサイシン』がダイエットに効くと一時期話題になりました。


このカプサイシンには、血行を良くして代謝をあげる作用があります。


また、『激辛料理』と聞くと唐辛子をイメージしますが、カレーなどに使われるスパイスなども辛い料理を作る際によく使われ、健康にも良いとされています。

ポイント
  • 辛い食べ物は美容に効く

  • 身体の代謝をあげる『カプサイシン』

  • スパイスは身体に良い

唐辛子に含まれている成分



激辛料理には欠かせない『唐辛子』。


一口食べれば口の中がビリっと痺れる香辛料で、身体を温めたり、代謝をよくする効果が期待できます。

辛み成分『カプサイシン』

主に唐辛子に含まれる辛み成分。


『カプサイシン』が舌の感覚神経を刺激することで、ビリっと辛みを感じます。


食べすぎた時や、感受性の強い方は少量食べただけでも、辛みよりも痛みを強く感じたり、味を感じにくくなったりすることがあります。



少量の『カプサイシン』は、口や食道、胃が刺激されて唾液が出て、食欲が増進します。


また、体内に『カプサイシン』が吸収されると、身体が熱くなったり、汗が出たりします。

夏バテ防止に効くビタミン

唐辛子には、『ビタミン A』と『ビタミンC』が豊富なことから、夏バテの防止に効果が高く、特に暑い地域では好んで食べられています。

ポイント
  • 辛み効果で食欲増進

  • 血流がよくなり汗をかきやすくなる

  • 夏バテに効く

スパイスに含まれている成分



激辛料理に使われる香辛料は、唐辛子だけではありません。


カレーライスなどには、数十種類のスパイスが使用されています。


スパイスはスーパーで買える『漢方薬』とも言われ、古くから健康促進や病気の治療薬としても使われてきました。

消化作用・新陳代謝に効く『ターメリック』

別名『ウコン』とも呼ばれるスパイス。


二日酔い防止に取り入れられたり、健康食品として販売されることもあります。


主に消化作用や新陳代謝の活性を良くする働きがあるとも言われ、体質改善や皮膚病にも用いられます。


カレーの着色にも使われるスパイスです。

胃腸の働きを促す『パクチー』

別名『コリアンダー』とも呼ばれる香辛料ですが、独特の風味があるため、人によって好みが大きく別れます。


葉にはカロチンやビタミンが豊富に含まれており、胃腸の働きを促し、新陳代謝を活性させる効果があります。


身近で言うと、タイ料理の『トムヤムクン』や『ガパオ』などに使われる機会が多いです。

酵素活性化に効く『ブラックペッパー』

ブラックペッパーの成分に含まれるピペリンは、抗菌・防腐・防虫作用があると言われています。


また、酵素活性作用があり、消化機能を刺激し便秘にも効果がある。

ポイント
  • スパイスはスーパーで買える『漢方薬』

  • カレーライスには数十種類の香辛料が使われている

激辛料理を食べることで得られる美容効果

新陳代謝がアップ

辛いものを食べると新陳代謝が活発になります。


代謝がよくなることによって汗をかきやすくなり体温調整がしやすくなると言われています。


また、冷え性にも効果ありです。

ダイエット効果

よく『カプサイシン効果で脂肪燃焼!』といったことを聞きますが、厳密に言うと、このカプサイシンは直接脂肪を燃やす効果に関わっていません。


唐辛子に含まれる辛味成分『カプサイシン』を摂取すると、あくまで脂肪を燃やす効果の環境を体内で作ってくれます。


残念ながら、辛いものを食べるだけでは痩せません。


『カプサイシン』は、脂肪を燃やす効果を補助する効果が主にあります。


これに軽い運動などを組み合わせることで、普通に運動するよりも、脂肪燃焼の効果が上がり、結果としてダイエット効果が高くなるということです。

美肌効果

辛いものを食べた時に血流がよくなり、代謝があがります。


そのため、肌の代謝が促進されるので、美肌が作られやすい環境になります。


また、胃腸の働きが活性化するので、栄養の吸収力が高まり、美肌効果も期待できます。

ポイント
  • 血行よくなり新陳代謝がアップ

  • 肌の代謝が促進される

  • 脂肪が燃焼しやすい環境を作れる

激辛料理の過剰摂取は良くない



これは、激辛料理に限った話ではありませんが、過剰摂取は基本的に身体によくありません。


適量を摂取して自分の健康、美容に役立てましょう。

胃が溶けて腹痛を起こす

唐辛子を含む激辛料理をを摂取すると、胃の中で『胃酸』が多く分泌されます。


この『胃酸』が辛い食べ物を食べた時に腹痛の症状を起こす原因です。


胃の中には、『胃酸』と『胃粘液』という2つの液体があり、バランスをとることにより、食べ物は溶かすけど、胃は溶かさないようにしています。


ところが、『胃酸』が多くなるとバランスが崩れてしまい、胃が溶けて荒れてしまいます。

胃ガン・食道ガン

唐辛子を含む激辛料理を過剰に摂取すると、ガンになりやすいとよく言われます。


しかし、国際ガン研究機関によると発ガン性の可能性がある物質とは認められないため、唐辛子に含まれる辛味成分『カプサイシン』単体が発がん性を持つわけではないと発表されている。

ポイント
  • 過剰摂取はNG

  • 胃酸で胃が荒れる

まとめ

辛い食べ物で得られる美容効果
  • 血行がよくなり汗をかきやすくなる

  • 肌の代謝が促進される

  • ダイエットに効果あり


最後まで記事を見て頂きありがとうございます。


あなたの周りに辛いもの好きの方がいらっしゃいましたら、是非このサイトを紹介して頂ければ幸いです。

これからも『辛いもの好き』の為になる情報を発信していきます。


それでは、またお会いしましょう♪

おすすめの記事